• otento-energy-work

古代遺跡を見に行っていろいろ思った話

例えばですが 今回の人類が滅んで やがてまた文明が生まれて 例えば江戸時代みたいな時代がやって来たとします。 ある人が何かを発掘したとします。 例えばそれが Mac Book Pro!! 石でも木でも皮でも紙でもない不思議な素材でできたリンゴマーク ツルリとした金属のなめらかな曲線 薄く貼られた不思議なガラス 何と美しい! 大名様に献上しよう これは美しい、褒美をやろう こうしてMac Book Proはその造形の美しさから 宝物として殿様自慢のコレクションとして床の間に大事に飾られ 横に生け花とか添えられてみたりして 人々の目を楽しませましたとさ。 めでたしめでたし おしまい じゃなくて 私の言いたかったことはここからです 発掘した人や殿様はMac Book Proの真価や本質を理解できたのでしょうか? ずいぶん前、バリ島に行ったとき、 生まれて初めて古代遺跡を見に行きました。 その時感じたのがこの例え話のような感覚。 確かにデカいしキレイだし壮大だし すごいのですが 散策しているとただならぬエネルギーが渦巻いている場所がそこここにあるのです 「あぁ、あのへんあの世だなー」 みたいな場所が。 まるで霊的エネルギーのスーパーコンピューター 何らかの意図や使い方があるんだろうな と感じました。 じゃあどう使うんだ?と聞かれてもわかりませんが。 結局、使い方がわからなくて観光地にするしかなかったんだろうな、と。 なにがあったのかは分かりませんが、 すごくもったいない気がします。 むなしい気がします。 で、今の自分を考えるわけなのです。 これから人類がどんな道を歩んでいくのかわかりませんが、 どんどんアーリマン的世界になって行くのかも知れませんが、 自分の使っているヒーリングモダリティやエネルギープログラムを 何百年か経ったとき、必要とする人にちゃんと届くように残していきたいな とか思うのでありました。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アサーティブネス - アースエンジェル革命

読みました。 アースエンジェル革命―“いい人”から“愛される人”へ ドリーン バーチュー (著) アサーティブネス この言葉、初めて知りました。 この本の原題は Assertiveness for Earth Angels 5層の魂を持った人 人間に転生してきた天使・マスター インディゴ・レインボー といった方々のためのアサーティブネスについて書かれた本、とのこと。 アサーティブネスとは何なのかと

シュタイナー学校の見学に行ってきた

シュタイナー教育を実践している 「シュタイナー学校」 の見学に行ってきました。 教員の方・保護者の方から伺ったお話のメモ 記憶に残ったこと 私個人の感想など シェアと備忘録を兼ねて記事にしてみました。 (聞いたことを一言一句間違いなくメモしてきた訳ではありません。 私の聞き間違い・勘違いが含まれている可能性も多分にあります。 詳しくはちゃん知りたい人は本とか読むことをおススメします。) [どんな教

金と命

人間である限り 時間と共に老い そして死にます 絶対に なので 時間 と 命  これこそ一番大事だと考えています。 であると同時に、やはりお金が大事だと思うのです。 仮想通貨やAIやらお金を生む方法は増え、 「お金の価値はみんなで作った幻想である」 という考えも割と広がってきた?と思っています。 しかし、どこかに就職して週5で働いて身を削りお金を稼ぐ、 というのがやはり

CONTACT

​ご予約・お問い合わせは下のフォーム

SkypeLINEChatWork ・Twitter 等でご連絡ください。

​申し込んでも返信が無い場合、迷惑メールフォルダのご確認をお願いいたします。